38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 17:49:21.85 ID:Mq+T226q0

レッド「おはようございます」

エリカ「おは…よう…ござい…ますぅ…ふわぁ…」

レッド「朝は弱いんですね」

エリカ「顔は洗ったのですが…んん…」

レッド「目こすっちゃだめですよ。ほら朝ごはんはこっち」

エリカ「連れてってください…」

レッド「まったくもう」グイ

使用人(仕事とられた)

 

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 17:50:04.89 ID:F14LAQNkP
グリーン…!もういい…!もう休めっ…!

 

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 17:54:44.78 ID:Mq+T226q0

エリカ「今日はぁ…ジムのぉ…お手伝いを…してもらいますぅ…」ウトウト

レッド「ジムまで大丈夫っすかそんなんで」

エリカ「すろぉ…すたぁたぁですのでぇ…お気になさらずぅ…」

レッド(意外と前途多難かも知れん)

イアイギリ!

レッド「ほらエリカさん。定位置着きましたよ」

エリカ「どうもぉ…」ストン

レッド「そういや挑んだときも眠そうでしたね」

エリカ「一度ぐっすりお昼寝するかぁ…バトルになればいいのですがぁ…」

レッド「なるほど。じゃあ挑戦者来たら知らせますからどうぞ夢の中へ」

エリカ「はいぃ…お言葉に甘えてぇ…ぐぅ…」

レッド「ジムリーダーっていい職業だなあ…」

 

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 17:59:11.69 ID:Mq+T226q0

レッド「暇だ…」

エリカ「……」コックリ…コックリ…

レッド「…図鑑に写真機能あればなあ…」

エリカ「…んぅ…」

レッド(ここは緑が多くてのどかだし、眠りたくなるのはわかる。横になりたいなあ…あ)

レッド「…エリカさん。きっかけはあなたに誘われたトレーニングだけど、今はあなたの事をもっと知りたい」

エリカ「……」コックリ…コックリ…

レッド「なんてね…。膝、お借りしていいですか?」

エリカ「……ん…」コックリ…コックリ…

レッド「よし肯定、失礼」ゴロン




 

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:03:17.87 ID:Mq+T226q0

レッド(おおうこれはっ)

レッド「いいものだ…」ムニムニ

レッド「…」

エリカ「…ん…ん…」コックリ…コックリ…

レッド(頬をプニプニ)

エリカ「んう…むう…」プニプニ

レッド(鼻をつまむ)

エリカ「ふぁ…」

レッド(おもろかわいい)

************
グレンジム

グリーン「し…しねしねこうせんっ…!!」
ブッブー ハズレー

 

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:07:05.11 ID:Eac7uhc8O
>>52
グリーン……

 

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:07:09.82 ID:Mq+T226q0

レッド「…ん?…寝ちゃってたか…」

エリカ「ん…う…」コックリ…コックリ…

レッド(こっちはまだか…膝枕気持ちいいから、もうちょっとだけいいかな?)

エリカ「…ん…ん…」コックリ…コックリ…

レッド「……」

エリカサーン チョウセンシャデース

エリカ「んん…あう…」コックリ…コックリ…

レッド「あらら。エリカさん、エリカさん、挑戦者ですよ」ユサユサ

エリカ「…ふわあ…はーい…」

レッド「頑張ってくださいね」

 

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:12:25.66 ID:Mq+T226q0

オツカレサマデシター

レッド「お疲れ様でした」

エリカ「はい。起こしてくれてありがとうございます」

レッド「いいんですよ。しかし容赦なかったですね」

エリカ「んー至福の時を邪魔されて気が立っていたかもしれません」

レッド「ジムリーダーにあるまじき発言でちゃった」

エリカ「忘れてくださる?私は先ほどまでの膝の重みを忘れますので、おあいこになさって」

レッド「…さいで」

 

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:14:39.09 ID:Mq+T226q0

エリカ「さて、眠気もさめましたのでポケモンジムらしく鍛錬いたしましょうか」

レッド「あっ、ちゃんと当初の目的覚えてたんだ」

エリカ「あなたの中のエリカはどうなっているのですか?」

レッド「だってねえ」

 

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:18:41.55 ID:Mq+T226q0

レッド「フシギソウ」

エリカ「ラフレシア」

レッド「草ポケモンって決定打ないですよね。ソーラービームは貯めがあるし」

エリカ「しかり。しかしどんなポケモンでもやりようはあるますゆえ。あなたならどうなさいます?」

レッド「ねむりごなからのやどりぎのたね、ソーラービーム、はっぱカッターとか」

エリカ「ほとんど正解ですね。しかしそこからの…ラフレシア、みがわり」

レッド「お」

エリカ「そしてメガドレイン…やどりぎのたねと併用すれば、みがわり分の体力を回復できます」

レッド「ほほう…草が等倍のあいてなら5分以上に戦えますね」

エリカ「ええ…まあうまくいくことは中々ないのですが」

レッド「メガドレインより上位の技があったり」

エリカ「ポケモンが毎回少し回復できる”なにか”があれば戦略として確立できそうです」

レッド・エリカ「「ふう」」

 

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:21:50.88 ID:Mq+T226q0

レッド「さて、午前はここまでですかね」

エリカ「ですね。お腹も空きました」

レッド「しかしここまで挑戦者が中々来ません」

エリカ「みな優秀ですので。さあお昼にしましょう」

 

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:25:38.78 ID:Mq+T226q0

レッド・エリカ「「いただきます」」

エリカ「まさかお弁当をレッドさんが作られるとは」

レッド「使用人の方に言ったら快く代わってくれましたよ。ポイント上がりました?」

エリカ「はい。いいお嫁さんになれますね」

レッド「喜べない称賛をどうも。お味はいかが」

エリカ「ん…美味しいし私の好みばかり。給仕として働きませんか?」

レッド「そうきたか。わざわざ色々聞いて回ったのになー」

エリカ「私のためにそこまで…ああレッドさんが欲しい」

レッド「エリカさん…!」

エリカ「給仕として」

レッド「(´・ω・`)」



 

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:28:48.27 ID:Mq+T226q0

フシギソウ「フシ…フシ!」

レッド「お前の分もあるよ。ほい」

フシギソウ「…」モキュモキュ

フシギソウに
たべのこしを 持たせた!

レッド「お?」

エリカ「あら?

 

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 18:32:03.37 ID:Mq+T226q0

エリカ「午後はレッドさんも前座してみます?」

レッド「いいんですか?」

エリカ「無論扱うのは草ポケモンだけですが。限られた手持ちでどこまでできるのか試したくありません?」

レッド「ふむ…それでは」

チョウセンシャデース

レッド「おっ早速」

エリカ「頑張ってください」

 

ページ: 1 2 3 4 5