pic2184905
1: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 09:28:12.795 ID:sjwp3u5M0

セレナ「ほ、ほんと!?」

サトシ「ああ、全然大丈夫だぜ!」

セレナ「じゃ、じゃあその…手繋いだり…」

サトシ「ん?なんで?」

セレナ「ご、ごめん!なんでもない…」

サトシ「いや、手繋ごうぜ!」

セレナ「サトシ///」

サトシ「よし、じゃあセレナは誰をソダテタインダ?」

セレナ「え、そ、育てるって!?そ、それは、サトシとの子を…///」

サトシ「ん?ヤンチャムか?ニンフィアか?」

セレナ「え、男の子か女の子かって!?そ、そんなの分かんないよ///」

サトシ「早くしようぜ!」

セレナ「え、ええっ!?ここで!?」

サトシ「手繋いでてやりにくいけどいいか?」

セレナ「い、いや、むしろ繋いでたほうがいい…かな…///」

サトシ「そうか?俺はやりにくいけど…」

セレナ「女の子はそういうものなの!」

サトシ「へえ、そっか!じゃあいくぜ!君に決めた!」

セレナ「きゃー!サトシのモンスターボールがー!」

 

 

8: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 09:32:33.825 ID:sjwp3u5M0

セレナ「え?なんでゲッコウガ…?」

ゲッコウガ「コウガ」

サトシ「ん?オンバーンのほうが良かったか?」

セレナ「う、ううん。大丈夫だよ!」

サトシ「セレナも早く出せよ!」

セレナ「う、うん。分かった……」

サトシ「どうしたんだ?迷ってるのか?」

セレナ「だ、だって、私小さいし……」

サトシ「いいから早く出せよ!」

セレナ「う、うん!分かった///」

サトシ「な、なんで服脱いでんだ?」

セレナ「う、うう…///恥ずかしい///」

サトシ「セレナー!まだかー?」

セレナ「え!?もう下も脱ぐの!?」

サトシ「早くしてくれよ!」

セレナ「う、ん……分かったよぉ…サトシってせっかちなんだから…」

ゲッコウガ「コウガ、ゲココゥガ」

サトシ「ん?どうしたゲッコウガ」

ゲッコウガ「コウガ、ゲココゥガ」

サトシ「え!?セレナは勘違いしてる!?」

 

9: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 09:38:33.123 ID:sjwp3u5M0

ゲッコウガ「コウコウ、コウガ」

サトシ「バトルだと思ってたけど違ったのか…どうりでおかしいと思った」

ゲッコウガ「コウガ」

サトシ「サンキューゲッコウガ!」

セレナ「あわわわわ///」

サトシ「セレナ!ごめん俺勘違いしてた!」

セレナ「え?!」

サトシ「ゲッコウガに教えてもらったからもう大丈夫だぜ!」

セレナ「え、あ、そうなんだ!」(ゲッコウガって経験済みなの!?)

サトシ「ゲッコウガ!大量にみずしゅりけんだ!」

ゲッコウガ「コウ!コウガッ!」

セレナ「え?」

サトシ「よし、水のフィールドの完成だ!」

ゲッコウガ「コウガ」

 

11: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 09:52:33.491 ID:sjwp3u5M0

サトシ「これで水のフィールドのコンテストの練習ができるぜ!」

セレナ「え、私水ポケモン持ってないし…」

サトシ「えっ?ポッチャマがいるだろ?」

セレナ「それ私じゃない…それにトライポカロンに水のフィールドとかない…」

サトシ「……あっ、ごめん間違えた!」

セレナ「サトシって…女の子としたことあるんだ?」

サトシ「ああ!結構あるぜ!」

セレナ「ふ、ふうん…何人くらい?」

サトシ「カスミ、ハルカ、ヒカリ、アイリス…4人だな!」

セレナ「へ、へえ!そうなんだ!」

サトシ「あ、でもタケシとケンジも合わせたら6人だぜ!」

セレナ「えっ、サトシって男の子ともしてたの!?」

サトシ「ああ!普通だろ?今だってシトロンとしてるし…」

セレナ「えっ!?!?!?」

サトシ「ユリーカともしてるぜ!」

セレナ「あわわわわわわわわわわ」

サトシ「それに少しの間だけだったら色んな人と旅してるぜ!ってセレナ?」

セレナ「サトシがヤリチンだったなんて…サトシがヤリチンだったなんて…」

サトシ「とりあえず服着たら?」

セレナ「私とはしてくれないんだ…へえ…そっか…そんなに魅力ないんだ私…」

サトシ「戻れゲッコウガ!行け!オンバーン!」

サトシ「オンバーン!ばくおんぱだ!」

オンバーン「バゥゥゥゥゥン」

サトシ「続けてアクロバット!」

オンバーン「バゥゥゥゥゥン」

セレナ「なんで修行始めてるの…」

 

13: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 09:59:20.289 ID:sjwp3u5M0

サトシ「早くしたくてウズウズしちゃうんだ!」

セレナ「私じゃダメ…?」

サトシ「だっていきなり服脱ぐし」

セレナ「…!そっか、ごめんね!脱がせるたのしみとか、あるもんね!」

サトシ「う、うん?」

セレナ「あーそっかーごめんねー私の勉強不足で!ちゃんと勉強してくるから!」

サトシ「そっか!楽しみにしてるぜ!」

セレナ「うん///」

サトシ「じゃあマサラタウンこっちだから!またな!」

セレナ「えっ!?ちょ、ちょちょちょっと!」

サトシ「ん?なんだよ?みんな待ってるから早くしないと…セレナはホウエンに行くんだろ?」

セレナ「私もマサラタウンに行くわ!」

サトシ「え、なんで…?」

セレナ「そ、それは…サトシのお母さんに挨拶して…サトシの弱点を色々と…///」

サトシ「なるほど!いいぜ!一緒に行こうぜ!」

セレナ「うん!」

 

14: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 10:02:02.527 ID:sjwp3u5M0

サトシ「ただいまー!ママー!」

バリヤード「バリバリィ」

サトシ「ただいま!」

バリヤード「バリバリィ」

セレナ「え、サトシのママって…」

サトシ「ああ、そうだぜ!」

バリヤード「バリバリィ」

セレナ「えええええーーーーー!!!」

サトシ「どこいったんだろ…オーキド研究所かな?」

セレナ「サトシはバリヤードの子…サトシはマネネ…?」

サトシ「セレナ!オーキド研究所に行こうぜ!」

 

15: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 10:06:22.224 ID:sjwp3u5M0

サトシ「ママー?オーキド博士ー?」

セレナ「どういうこと?ママはさっき…」

サトシのママ「あんっ!だめぇ!そこっ!」

サトシ「あっ、ママの声だ!」

セレナ「えっ!?バリヤードは!?ってか喘いでるし!!」

サトシのママ「あ、そこっ!いいのぉ!」

サトシ「ママー!」

セレナ「サトシー!ちょっと、ダメだよ!」

サトシ「え…?なんでだよ?」

セレナ「分からないの?今サトシのママはサトシのパパとそういう…///」

オーキド「ここか!?ここがいいんじゃな!?」

サトシ「あっ、オーキド博士だ!」

セレナ「えっ…オーキド博士…?ってことは…不倫!?」

サトシ「オーキド博士ー!!」ガチャ

セレナ「きゃああああああああ」

 

16: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 10:14:00.345 ID:sjwp3u5M0

セレナ「って…あれ?」

サトシ「ただいま!博士!ママ!」

オーキド「おぉうサトシか!今ちょうどママさんの肩を揉んでたところじゃ」

サトシのママ「博士ったらこう見えて凄い力があるのよ!」

オーキド「サトシのベトベトンに鍛えられておるからな」

サトシ「ベトベトンか…みんなに会いたくなってきたぜ!」

セレナ「あ、あの…」

オーキド「ん?君は…セレナくんじゃな!?」

サトシのママ「あら~!サトシが彼女を連れてくるなんて!」

サトシ「紹介するぜ!セレナだ!一緒に旅をしてたんだぜ!」

オーキド「うむ。覚えておるぞ。昔ここに来たことがあるじゃろ」

セレナ「え!すごい!そうです!昔マサラタウンでサトシと…」

サトシのママ「あら~そうだったの!?やだ~もう結婚しちゃいなさいよ!」

セレナ「え!?ママさん!?///」

オーキド「サトシはまだ10歳ですぞ」

サトシのママ「あら~もう30歳くらいかと思ってた!」

サトシ「あはは!」

 

17: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 10:17:39.127 ID:sjwp3u5M0

サトシ「みんなー!紹介するぜ!セレナだ!一緒に旅をしてたんだぜ!」

ケンタロス「モォォォォォウ」

セレナ「すごい!これみんなサトシのポケモン!?」

サトシ「ああ、そうだぜ!」

セレナ「なんかすごい視線を感じる…」

ベイリーフ「ベイ…」

サトシ「ベイリーフ!」

ベイリーフ「ベイベーイ!」

サトシ「あ、こら、やめろ!そんなに舐めるなよ!」

ベイリーフ「ベイベイ」

セレナ「まさかこのベイリーフ…恋敵(ライバル)!?」

ナレーション「こうしてマサラタウンにやって来たセレナ。果たしてどんな結末が待っているのか…つづく!」

 

19: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 10:25:16.227 ID:sjwp3u5M0

サトシ「カスミ!ケンジ!」

セレナ「あの人がカスミとケンジ…」

カスミ「なにその子~?もしかそて彼女?w」

セレナ「えっ///」(やっぱりそう見えるのかな///)

サトシ「紹介するぜ!セレナだ!一緒に旅をしてたんだぜ!」

カスミ「ふぅんwよろしくw」

ケンジ「ケンジです!よろしく!」

セレナ(この二人付き合ってるのかな…でも二人ともサトシとそういう関係なんだよね…)

カスミ「あ、これ。アローラ地方に旅行に行ったお土産w」

サトシ「アローラ地方…?」

カスミ「そうよ。見たことないポケモンが…」

サトシ「ママ!俺、旅に出ようと思うんだ!」

サトシのママ「ふふ、今度はどこかしら」

サトシ「アローラ地方っていうんだ!」

サトシのママ「明日には出発するんでしょう?」

サトシ「ああ!楽しみだぜ!」

 

20: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 10:29:18.042 ID:sjwp3u5M0

サトシ「セレナはどうするんだ?」

セレナ「あっ、私もアローラ地方にいこうかなって思ってたの…!」

サトシ「そうなのか!奇遇だな!」

セレナ「うん!」

サトシ「また一緒に旅しようぜ!」

セレナ「うん!///」

サトシ「わー、ここがアローラ地方か!」

セレナ「とっても綺麗ね!」

女主人公「きゃー!どいてどいてどいてー!」

サトシ「うわぁ!?」

女主人公「いてて…ごめんなさい!」

サトシ「ああ大丈夫だぜ!一緒に旅しようぜ!」

女主人公「うん!」

セレナ「まさかこの女…恋敵(ライバル)!?」

ナレーション「こうして新たな物語が始まるのであった…」

 

2: 以下、VIPがお送りします 2016/06/24(金) 09:29:13.090 ID:zy0n6Qmja
アンジャッシュかな